美白化粧品使っていますか?
- 2012/07/03(Tue) -
紫外線の強いこの季節になると、しみが気になります。

だから、美白化粧品を使って少しでも、しみにならないように

する方も増えますよね!

お客様からも「美白化粧品を使うとしみにいいですか?」と

聞かれることも多くなります。

でも、美白化粧品はどんなしみにも効くわけではありません。

しみと言っても、医学的にはいくつかの種類に分けられます。

種類によってケアの方法も違うので、まずは自分のしみの

種類を正しく知りましょう。


<しみの名前・・特徴・・ケア法>


*老人性色素班・・日焼けで出来たしみ。・・ごく初期のものなら、
            丸いしみがほほ骨の  美白効果のある化粧品での
            あたりから出来始める。 ケアやピーリングが有効。


*脂漏性角化症・・紫外線の影響がさらに・・医師による治療が必要。
            蓄積して皮膚の表面が
            盛り上がり、イボの
            ようになったもの。


*雀卵斑(そばかす)・・遺伝的なしみで、・・美白化粧品の効果はあまり
           10代のころから      期待できない。
           鼻を中心に小さな     医師による治療は有効。
           しみが散らばる
           ように出来る。


*炎症性色素沈着・・にきびや傷、虫さされ・・ピーリングでターンオーバーを
           などのあとが、茶色い    活発にするとよい。美白効果の
           しみとなって残ったも     ある化粧品でのケアも効果がある。
           の。  
 

*肝班・・・・・・・ほほ骨の部分に左右 ・・病院で処方される薬を服用
          対称にできるモヤモヤ  すると薄くなることが多い。 
          した薄い茶色や灰色の  ピーリングや美白効果のある
          しみ。            化粧品でのケアも有効



美白化粧品の正しい使い方を知っていますか?


化粧品に配合されている美白成分とは、主に肌の中でメラニン色素が

つくられる働きを抑える効果があるもののこと。

ただし美白化粧品を使う前に知っておきたいのは、美白成分が効かない

しみもあるということです。

美白化粧品で改善できる可能性があるのは、ごく薄い老人性色素班、

炎症性色素沈着、肝班など。

完成してしまった老人性色素班は、メラニンの増加に加え、

皮膚の構造自体も変化しているので、美白化粧品では消せません。

美白化粧品はできたしみを消すものではなく、

本当の効果を期待するなら、しみが出来る前の

予防に使うものと考えることがよいと思います。


しみが気になる時に頼りたくなるのが美白化粧品ですが、

美白化粧品には様々なものがあります。

必ず美白成分が配合されていることを確認して

選びましょう!

また、効果の出方は人によって違います。

肌の様子を見ながら、自分に合うものを探しましょう。







ヘアーサロンTaiyo   お顔そり担当 斉藤えりこ

 TEL03-5608-0105  Eメール shop@taiyo-hair.jp

東京都墨田区吾妻橋2-4-11

都営浅草線本所吾妻橋駅1分 または メトロ銀座線・東武線浅草駅7分






          
この記事のURL | フェイシャルトリートメント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<どのブライダルメニューにしますか? | メイン | 紫外線対策が正しく出来ていますか?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://taiyohair.blog39.fc2.com/tb.php/208-04353eb1
| メイン |